全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
陸上部/左足を捻挫

陸上部/左足を捻挫

H26、6月来院

<主訴>

18日の夕方、部活中(陸上)走っていて低いコーンを踏んでしまい左足首をひねった。

<状態>

足を引きずって来院。
左足首の外くるぶし周辺の腫れ。
内くるぶしの少し下と足首前面の痛み。

<施術>

全身のバランスを整えた後、足全体の疲労をとる。

次に左足の筋繊維の癒着と足首の腫れをとる。

そして、痛みがないか確認しながら足関節のズレの調整。

最後に立って痛みの確認をしてもらう。

歩くと痛みは無くなったが違和感があるとういことなので もう一度足関節の調整をする。

そして、痛みの確認。

違和感はとれた。

多少足のだるさは残ったが、本日の施術は終了!

<3日後の2回目の施術>

大分良くなったが、階段を下りる時に左足の内踝の下が痛いとのこと。

<施術>

今回も足の疲労や癒着や関節の調整をし、最後に立って左足に体重をのせてもらいながら足関節の調整をする。

そして外に出て、階段の上り下りをしてもらい痛みの確認。

「痛くない!」ということで本日の施術終了!

メンテナンスとして5日後に来院されたので、足の状態を聞いたところ・・・

「もう痛くない」とのことでした。

痛めてからすぐの施術だったこともあり、今回の患者さんは2回で痛みがとれました。

捻挫の場合、腫れがひいたらそのまま放っておく方が多いようです。

しかし、そうすると捻挫を繰り返したり、何年たっても痛みや違和感が残るケースは多々あります。

症状の状態にもよりますが、今回の患者さんのように早めに対処すれば、すぐに良くなりますよ!


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>