全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
野球少年の足首捻挫

野球少年の足首捻挫

13歳 中学1年生 男子 野球部

以前、足の甲周辺に痛みが出て創始者山田洋先生の施術を受けた事がある。

その後、状態も良く足に痛みがでることはなかったが、最近左足首を捻挫。

我慢して練習をしていると右足首にも痛みがでてくる。

膝にもたまに痛みが出て消えてという症状が出てきたので、DMを見てなかむら自然形体院へ来院。

右足首は歩行時の痛み、着地時に痛みがある。

左足首はくるぶし上に圧痛が存在する。

左右の痛み方が違う。

まずは左足首の圧痛をとる。痛みのある周辺からアプローチしていくとすぐに取れた。

次に右足首。ふくらはぎからの張りを取ってから動作の修正をおこなう。

寝ている状態で足首を回す、動かす分に痛みは取れた。

立って歩いてもらう。

「歩行での痛みはなくなりました。ジャンプしたときの着地が少し痛い。」

ジャンプのときは足首に負荷が強くかかる。もう1度動作時のズレを修正。

「痛くなくなりました。」

子供って素直ですね。痛ければ痛い表情をし、痛くなければ笑顔になる。

そんな表情の変化を見るのが楽しみでも喜びでもあります。

素振りをしたときに足首が痛かったとのことで、外で素振りをしてもらう。

10~20スイングしてもらったが痛みはなくなった。

お父さんもしきりに気にしていたが、このくらい動いて痛みがでなければ大丈夫でしょう。

チームでは練習後のケアをあまりしていないとのことなので、練習後のアフターケアを伝え終了。

後日連絡をいただいたが、その後足首の痛みはでてこないこのこと。

また施術中に足裏のイボについて質問があった。原因として靴が考えられるのではと話をしていたが、イボができたころにスパイクを新調したそう。

このイボの原因は部分的に圧がかかり、その部分を保護しようとして皮膚が固くなっている状態だった。

セルフケアも伝えたので、継続しておこなうように話をした。

中学1年生、すごい良い体格をしていた。

なかなか体格に恵まれなかった自分の現役時代を思い出した。

これからもっともっと技術もパワーも伸びてくる時期を過ごす彼。

陰ながら応援していきたい。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>