全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
捻挫、翌日文化祭を控えて

捻挫、翌日文化祭を控えて

15歳 女性 学生

2日前に自転車で人とぶつかりそうになって避けたところ壁に激突。右足首を痛める。

明日、明後日と学園祭でダンスを踊りたい。

押しての痛みはない、足首を伸ばすと痛い。

動きの範囲が非常に狭く、歩いても痛い。体重をかけても痛い。

押しての痛みがないので、まず足関節のねじれ、動作異常を修正する。

それから痛めたときの衝撃によって固まった周辺の張りを取り除いていく。

「今はどう?」

「大丈夫」

仰向けで動かす分には問題なくなった。可動もだいぶ広がってきた。

立って歩いてもらう。

「痛い、体重がかかったとき痛みがある」

立った状態で動作異常を修正。

「大丈夫、歩いて蹴ったときに痛い」

歩行時の痛みは繰り返すが変化ない。

動作異常を取り除けば痛みは無くなるが、しばらくすると痛いといった繰り返し。

靭帯が若干伸びているようだ。

「これはどう?」

「大分楽になった!」

靭帯の緩みを修復することで痛みは大分マシになった。

来院前とは表情が晴れやかになった。これならなんとか明日踊れそうかな。

午前、午後と1回ずつ踊るそうだが、翌日の午前はもう休むように伝えているそうだ。

しっかり睡眠を取って明日を迎えたい。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>