全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
一般医療の実情

病院、接骨院などの一般的な捻挫の治療
まず初期は RICEの原則に基づき、安静、固定、アイシング等を行います。

腫れが落ちついたら(約1週間)、電気療法、温熱療法、マッサージ、テーピングが多く行われます。
この方法でそれなりの期間が経てば治る捻挫も割合として半分位はありますが、残り半分の捻挫はその方法では痛みや不具合がずっと続いてしまいます。
しかし、一般医療の概念では「靭帯が伸びてしまったから・・・」などの説明のもと、それ以上改善が見込めません。