全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
バレーボール中に足を踏まれる

バレーボール中に足を踏まれる

小学5年生 女子 バレーボール部

今日の試合中に足を踏まれて外くるぶしの上辺りを傷める。

押さえると痛み。

足首を動かすと痛み。

しゃがむ動作やジャンプで痛み。

歩行はOK。

腫れは無し。

傷め方ははっきりと覚えていないよう。

チームの人数が少なく、傷めた後も試合に出場。

来週に試合があるのでそれまでにどうにかしたい。

私「多分今日で痛みは取れると思います。」

お母様「ええっ!!!」

油断は禁物であるが、見た感じそんなに重症では無さそう。

まずは押さえての痛みを取っていく。

「押さえてどう?」

「大分マシです。」

「一回しゃがんでみて。」

「あんまり痛くない。」

押さえての痛みをゼロにして再度しゃがんでもらう。

「痛くない。」

ジャンプしてもらう。

「痛くない。」

思いっ切り跳んでもらう。

「痛くない。」

お母様「えー!いや~痛みが取れるこの瞬間というのは本当に…。」

それよりもその後の施術が厄介。

くすぐったい箇所があちこちに。

足、腰、肩周り、くすぐった過ぎて足をジタバタ。

お母様「足完全に大丈夫やな。」

足首はぐるぐる回っているが本人は何ともない。

こっちの方が重症…。

「明日からサッカーの練習なんですが…。」

「恐らく大丈夫でしょう。」

 

きむら自然形体院

香川県観音寺市大野原町花稲944-2

090-3788-3568

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>