全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
トランポリンで捻挫 11歳女子

トランポリンで捻挫 11歳女子

H27、5,2来院

<主訴>
4月30日に、遊具(トランポリンのようなもの)で遊んでいた所 足をくじいた。
普段、バレーボールをしていて5月10日に公式試合を控えているので
何とか治してあげたいと親御さんがインターネットで調べ当院に来院したとのこと。

<状態>
左足首が腫れ、周辺の筋のこわばり強い。
痛みは内果と外果両方にある。
くじいた時の状況を聞くが、どういう風にひねったか?わからないとのこと。

<施術>
まず、身体のバランスを整え全身の筋のこわばりをとっていく。
次に、腫れをとる手法を行い、触れるようになってきたら痛みの周辺の張りをとっていく。
そして、仰臥位と立位での足関節のズレの修正。

立位での修正の時に外果の痛みは、捻ったことによる痛みではないのではないかと思い
もう一度仰臥位になってもらい、外果周辺の筋繊維の癒着をとる。
再度、立位で確認。

外果の痛みはとれた。

内果の痛みは、捻ったことにより筋肉が傷ついている為、
体重をかけると痛みはまだあるが腫れは大分ひいた。

今日はこれで施術終了!!

<2日後の2回目の施術>

状態を聞いたところ・・・

「まだ、歩く時、体重をかける時の足首の内側の痛みはあるが
前回よりスムーズに歩けるようになって大分良い」
「足首の外側の痛みはない」とのこと。

<施術>
今回も左足中心に行い、全身のバランスを整え一通りの施術をし終了

前回は術後、まだ怖いのでということでギブスをして帰ったが
今回はギブスなしで帰られた。

<さらに5日後の3回目の施術>
状態を聞いたところ・・・

「前回より良いがまだ痛い」とのこと。

<施術>
身体のバランスを整え、足の状態を入念にチェック。
捻ったことによるズレや周辺の筋肉の状態は問題なさそうだが、、、
まだ痛いということは他の場所に何らかの不具合が生じている可能性があると思い、施術に入る。

左足の細かい所まで見落としがないか?みていくと、「これだ!!」という固まりをみつけた。
そして施術し痛みの確認をしてもらうため歩いてもらう。

女の子「あれ? 痛くない」(不思議そうな顔から笑顔に変わった)

その後、上半身や右足の施術をし本日の施術終了!!

今回の女の子の捻挫の施術は3回で終了した。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>