全国ねんざ専門治療院 

治りづらいタイプの捻挫も早期に回復できる全国の捻挫治療の専門家をご紹介します。
くるぶし捻挫の後遺症 40代女性

くるぶし捻挫の後遺症 40代女性

捻挫の後遺症 40歳女性
H28.11.27来院

<主訴>
左足内くるぶしを30年近く前に捻挫したのですが、いまだに痛みがあります。とのこと

<状態>
沢山歩くとズキズキ痛い。(仕事柄歩くことが多い)
今日も歩行時の痛みあり。
少し腫れあり。
足底のアーチが崩れている。
下腿の筋の張りが強い。
有痛性外脛骨。

<施術>
まず、全身のバランスを整え筋緊張を取っていく。
次に左足は入念に筋繊維の癒着を取った後、狭くなっている股関節の可動域を広げていく。
そして、右足と上半身の施術を行う。
上半身は、慢性的な肩こりで時々頭痛がするというらしく、かなりの張り。
その後、もう一度左足の足首周辺の筋の張りをとり足関節の修正を行う。
最後に立位で骨盤の調整。

それから、長年の痛みで靭帯にもダメージがある。
なので普段歩く時に痛みを最小限に抑えるために自己ケアの方法を教えた。

来院前あった歩行時の痛みを確認してもらう。

変化が感じられたようで・・・

女性「あ~違いますね。ラクですね~」とのことで本日の施術終了!

有痛性外脛骨の症状の方は、早い方で2~3回で良くなるが重症だったり長年の痛みの方はもう少しかかる方もいる事。
そして 今日の状態、今後の施術ペース、普段の生活の注意点等お話した。

<6日後の2回目の施術>
状態を聞くと・・・

前回の施術の4日後から、また痛くなってきた。
でも、以前の痛みよりは軽い。とのこと

<状態・施術>
前回の残っている筋の張りをとり、まだ固い左股関節や足関節の修正を行う。
その後、一通りの施術をし骨盤の調整。
本日の施術終了!

その後・・・

1週間後の3回目の施術前の状態では、

「今週も仕事で沢山歩いたので少し痛かったが、前回よりもラクになっている」

2週間後の4回目では、

「力を入れると違和感がある、ズキズキした痛みはなくなった」

2週間後の5回目では、

「大分良くなってきた」
「朝起きた時、少し痛いが仕事で沢山歩いても痛くなくなってきた」

3週間後の6回目では、

「ずっと、調子が良かった」
「昨日、少し痛いかなと思った時があったけどすぐ痛みが消えた」

<6回目の施術>

全身の状態をチェックしながら、一通りの施術。
なかなか改善しなかった左股関節の可動域も広がり、足関節や全身の張りの状態も良い。
僧帽筋の張りも大分良くなった(肩こりは感じるがラクになったのがわかるとのこと)
最後に骨盤の調整し施術終了!

毎日痛かったのが、今はもう痛みなく生活できるようになったとのこと。

今回の女性の捻挫の後遺症の施術は6回で終了した。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>